特定医療法人財団竹政会  セントラル病院
  TEL  084-924-4141 
  FAX  084-924-8040
  CENTRAL HOSPITAL

  トップページ >  超音波検査装置


超音波検査装置 Aplio400更新
 この度、当院に東芝の超音波検査装置Aplio400が更新されました。この機種は、乳房の微細な構造を抽出する高画質化機能を備え、病変部の血流をきれいに描画することができます。また、組織の硬さ(弾性)を映像化するエラストグラフィーという機能が組み込まれており、病変の硬さから悪性度を診断することが可能になります。
 さらに、造影剤を静脈に注射した造影超音波検査が可能になります。
乳癌や良性の乳腺腫瘍に特徴的な造影効果が得られることから単純超音波検査では判断が難しい病変の診断や、乳癌の浸潤評価、リンパ節転移の有無、術前化学療法の効果予測と効果判
定、術後再発の診断などに有用となります。
 乳癌検診といえば、マンモグラフィー検診ですが、乳腺が発達している40歳以下の女性には超音波検診の方が向いていると言われています。これまで、マンモグラフィーでしか分からなかった病変を超音波検査で早期に発見することができる可能性が高くなりました。
 今後、このAplio400を使用することで、超音波検査による乳癌検診の精度が大幅に向上し、診断に有用となります。




【組織の硬さを映像化】
 
 プローブの圧迫動作により、病変の硬さ(弾性)を色彩の違いで映像化することができます。

【微細な構造物が見える】 
 今まで超音波検査では描画できなかった「石灰化」などの微細な構造物を映像化することができます。 

【より低い流速を捉える新しいフローイメージング】
 

 新画像エンジンが、ひとつ新たなブレークスルーを生み出しました。今までにない血流イメージングの描画が可能で、肝臓・腎臓など乳腺以外でも診断に有用です。 
                                               > トップに戻る

    HOME | 病院概要 | 診療案内 | 入院案内  |  採用情報 | 交通案内  |  地域連携
特定医療法人財団竹政会 セントラル病院     〒720-0809 広島県福山市住吉町7-3   TEL:084-924-4141  FAX:084-924-8040
●人間ドック専用  TEL:084-924-8041  FAX:084-924-8046   ●地域医療連携室    TEL:084-920-1472  FAX:084-920-9278