.

 特定医療法人財団竹政会  セントラル病院
  TEL  084-924-4141 
  FAX  084-924-8040
  CENTRAL HOSPITAL

  トップページ >  診療案内 > 診療科・部署案内 > 検査科

検体検査・生理機能検査  血圧・脈派検査 睡眠時無呼吸症候群検査  一般検査
 血液一般検査  生化学検査    




検体検査 血液検査・生化学検査
一般検査(尿検査・便検査等)
輸血関連検査
生理機能検査 心電図・負荷心電図・ホルター心電図検査
超音波検査(腹部・心臓・頸動脈・甲状腺・前立腺 等)
呼吸機能検査
眼底検査・眼圧検査
血圧脈波検査
睡眠時無呼吸症候群の検査
  > トップに戻る




動脈硬化とは…
 動脈が硬くなったり、動脈の内壁に血液中の脂質がつき血液の通りが狭くなった状態をいいますが、血液が流れにくくなると、その先にある臓器へ十分な酸素や栄養分が行き渡らず臓器は機能障害を起こしたり壊死したりします。
このため、動脈硬化を早期に発見し治療する事が重要と考えられます。

また、動脈硬化の原因となる生活習慣病をコントロールできればその先に派生するいろいろな問題を予防する事が出来ます。
特に、高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙暦・肥満などある方は動脈硬化に注意が必要です。
動脈硬化を早期に発見するための検査として、当院で実施している検査は以下のような内容です。

頚動脈エコー検査

超音波を使って画像で診断するもので、血管の内腔が狭くなっていないかを主にみます。
(右写真)

血圧・脈波検査

動脈硬化の程度(硬さの評価と狭窄の有無)
や、
血管年齢を評価します。
  > トップに戻る




睡眠時無呼吸症候群とは?

 睡眠中に何度も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気で、現在日本では総人口の約2〜3%(広島県内で3万〜4万5千人以上)の睡眠時無呼吸症候群の潜在患者さんの存在が考えられています。放っておくと高血圧心臓や脳の循環障害などに陥るといわれています。また、日中の眠気のために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会的に重大な影響を引き起こします。以下の表のような症状がある方は自己チェックへお進みください。


夜間の症状 日中の症状
大きなイビキ 著しい眠気
睡眠時の呼吸停止 朝の頭痛
寝相の悪さ 全身の倦怠感
寝汗 集中力の低下
頻回の覚醒と排尿 熟睡感の欠如(慢性的な寝不足感)

自己チェック

どのような検査をするの 簡易機器を自宅(2日ドックの方は病院)に持ち帰っていただき、寝るときに各センサーを取り付けて寝ていただくだけで測定ができます。
2日ドックの方は翌日には結果を聞いてお帰りいただけます。
  > トップに戻る





尿検査  尿検査では腎臓や膀胱・肝臓の病気まで見つけることができます。試験紙法・沈渣により、感染症の診断や時には悪性腫瘍の情報も得られます。 
便検査  便潜血反応・・・便の中に血液が混ざっていないかを調べます。消化管内出血の有無を調べることができます。 
  > トップに戻る





赤血球数・ヘモグロビン(血色素)・白血球数・血小板

血液は酸素や栄養素を各組織や細胞に運ぶとともに、二酸化炭素や老廃物を運び出す働きをしています。
 
  > トップに戻る





生化学検査は血液や尿中に含まれている酵素や化学物質を検査します。 
検査項目 検査内容の説明 院内実施
全身 総 蛋 白 血清中の蛋白は、大きくアルブミンとグロブリンに分けられ、2つの蛋白の比(A/G比)やどの成分が増えたり減ったりしているかをみる事で(蛋白分画)、全身の健康状態や病気の有無を知る事ができます。
アルブミン
A/G比
蛋 白 分 画 ×
心臓 C P K 心筋の状態を知る事ができます。激しい運動の後では高くなります。
肝臓・胆管 G O T 肝細胞が炎症を起こしたり壊れたりすると細胞内から酵素が出てきます。これらの酵素の量から肝細胞の状態をみる事ができます。
G P T
L D H 肝臓、心臓、肺、血液、骨格筋に含まれ、状態をみる事ができます。
妊娠により高値となる事もあります。
A L P 肝臓、胆道、骨の状態をみる事ができます。
成長期には高くなります。
γ-GTP 肝臓、胆道の状態をみる事ができます。
薬剤性肝障害やアルコール性肝障害の指標となります。
L A P 胆管の状態をみる事ができます。
総ビリルビン 黄疸の有無や種類を知る事ができます。
直接ビリルビン
Z T T  肝障害や炎症性疾患の程度を知る事ができます。
コリンエステラーゼ 肝臓で作られる酵素で、肝臓の状態をみる事ができます。
膵臓 アミラーゼ 膵臓、唾液腺の状態をみる事ができます。
腎臓 尿素窒素 いずれも腎臓から排泄される老廃物です。体内に残ったこれら老廃物の量から腎臓の状態をみる事ができます。尿酸は痛風の指標ともなります。
クレアチニン
尿 酸
血糖関連 血  糖 血液中のブドウ糖の量から、糖尿病の有無を調べます。
食後の検査では高くなります。
ヘモグロビンA1C 1〜2ヶ月前の血糖の状態を知る事ができます。
電解質 ナトリウム 水分やミネラルのバランスで栄養状態や腎臓の状態をみる事ができます。
カルシウム (Ca)や無機リンでは骨の状態や副甲状腺の状態も知る事ができます。また、利尿剤を服用している時には、カリウム(K)やマグネシウムが低くなることがあります。
クロール
カリウム
カルシウム
無機リン
マグネシウム ×
脂質 総コレステロール LDL−コレステロールは血管壁に溜り動脈硬化や心筋梗塞発症の危険因子とされ「悪玉コレステロール」、HDL-コレステロールは溜まったLDL-コレステロールを取り除く「善玉コレステロール」と呼ばれています。2つのバランスや全体の量(総コレステロール)・中性脂肪等から、上記疾患の有無や程度を知る事ができます。
中性脂肪は食後の検査では高くなります。
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
中性脂肪
貧血 血 清 鉄 貧血の有無や種類を知る事ができます。 ×
T I B C ×
U I B C ×
炎症 C R P 炎症疾患の有無や程度を知る事ができます。
その他 RA(リウマチ)因子 リウマチの有無を知る事ができます。 ×
A S O 溶連菌による感染症の有無を知る事ができます。 ×
血算 白 血 球 数 細菌やウィルスが体内に入ってきた時に変動するので、感染の有無がわかります。妊娠により高値となる事もあります。
赤 血 球 数 貧血の有無や種類を知る事ができます。
血 色 素 量
ヘマトクリット
血 小 板 数 止血の働きをします。出血の際、血液が止まるかどうかを知る事ができます。
  > トップに戻る

   HOME | 病院概要 | 診療案内 | 入院案内  |  採用情報 | 交通案内  |  地域連携
特定医療法人財団竹政会 セントラル病院     〒720-0809 広島県福山市住吉町7-3   TEL:084-924-4141  FAX:084-924-8040
●人間ドック専用  TEL:084-924-8041  FAX:084-924-8046   ●地域医療連携室    TEL:084-920-1472  FAX:084-920-9278